電話占いのお役立ち情報

みんなが知りたい電話占いランキング

どんなに評判の良い優良占いサイトでも、そこが有料だと思うと少し利用料が気になりますよね。それに、電話占いの料金は高いものだと思っている方もきっといらっしゃると思うんです。

 

電話占いの料金はそのサイトによって変動しますが、大体の相場だけでも分かっておけば、お気に入りの電話占いサイトを探す際にはきっと役に立つと思いますよ。それに、電話占いも、対面占いほど高額に設定されているわけではありません。

 

おおよその値段で表せば10分2500円〜3000円と言ったところが妥当でしょうか。一対一で占っていることに加えて、リアルタイムでお話をしているのですから、中々バランスの取れた値段ではないかと思います。もちろん、それよりも安い電話占いサイトも数多くあるので、値段重視の方はこちらの相場の値段を参考にして安価な占いサイトを探して見るのも良いでしょう。

 

また、相場以上に高額で万単位行くような電話占いサイトだってありますが、そこまで高額な占いサイトも極稀です。電話占い初めての方でしたら、まずは相場の値段で承っている占いサイトから利用してみるのが最も最善なのではないかと思います。

 

慣れてきたら、自分の趣味や好みに合わせて占いサイトを開拓していくのも面白くて良いと思いますよ。

 

尚、電話占いを利用する上で、気になるのが通話料なんですが、最近の電話占いサイトではフリーダイヤルで受け付けているサイトも増えてきていますので、通話料や個人情報が気になる方は、そちらを利用してみると良いでしょう。

やはり、電話占いを利用する際に気になるのがその料金です。もちろん、予算があるのですからその予算をオーバーしてしまえば利用する事は出来ません。そこで、ここでは電話占いを利用する際の料金についてご説明していきます。

 

まず、その状況によって料金は異なります。例えば、各サイトによって設定されている料金は違います。大体の相場になる料金というのはあるのですが、その時によって変わってしまう事もありますので、非常に不透明です。

 

そのため、まずは利用を検討しているサイトの料金がどうなっているのかをしっかり確認しましょう。また、サイトによって設定が異なる場合があります。例えば、1分単位で計算する所もあれば、最低の時間が決められている場合があります。

 

もし、30分が最低時間になっているのであれば、10分で鑑定が終了しても30分鑑定した時と同じ料金が加算される事になります。そのため、タロット占いのワンオラクルやyes/no方式のように、単純な答えを求めている時にはちょっと損してしまう事もあるかもしれません。

 

ちなみに、この場合は30分を過ぎると延長料金になります。延長の場合は、1分単位で料金が加算されていくというシステムになっている事が多いですね。更に、料金が占い師の先生によって異なる場合があります。

 

例えば、ベテランの先生だけではなく、新人の先生がいる場合です。新人の先生の場合は、どんなに鑑定歴が長くても実績が不透明な場合は、最初は安い料金から始まる事が殆どです。

 

サイトの中でも先生によって料金が異なりますので、特に注意が必要ですね。必ず確認しておきたい項目の1つです。ちなみに、現在の相場料金は1分で200円〜300円程度の所が多いです。この場合、30分だと6,300円、60分だと12,600円になります。しかし、30分固定で5,000円にしているサイトもあります。また、キャンペーンを多く開催していたり、初回の場合は初回のお試しもあるのでお得に利用する為にもしっかりチェックしておきたいポイントですね。

誰だって、悩みを抱えている時があります。そんな時、相談出来る相手がいるというのは幸せですよね。しかし、中には相談相手がいなかったり、デリケートな問題で周りの人間には相談出来ない場合もあります。

 

また、何かに悩んでいて適切なアドバイスが欲しいという場合は、相手にとっても大きな負担になってしまう事があります。そんな時に便利なのが、電話占いです。では、そもそも電話占いとは何なのでしょうか?これは、名前通り電話を使った占いの事です。

 

以前は固定電話から使用するというのが一般的でしたが、現在は携帯やスマートフォンからも利用出来るサイトが増えてきました。そのため、固定電話を持っていなかったり、家族に知られたくないという方も気軽に利用出来るようになりましたね。

 

ちなみに、元々はダイヤルQ2のサービスが元祖だったと言われています。その頃は、基本的に占いマニアと呼ばれるような方々が利用していたのです。それが、2000年頃から女性誌に広告が出るようになり、一般層にも段々と認知されるようになってきました。

 

今は、個人でホームページを立ち上げる占い師さんもいますが、専門のサイトを利用するというのが一番一般的な利用方法です。また、占い師さんの数もかなり増えました。

 

このサイト自体も数があり、誰でも登録可能な所から、運営によるテストに合格した人間のみが登録出来る所まで様々です。また、いまだにアングラなイメージを持つ方もいるのですが、殆どはクリーンなサイトばかりです。時々、悪質なサイトもありますのでその辺は注意しましょう。

ルーンは、タロットに似ていると考える方が多いですね。しかし、実は得意とする方向性は逆なのです。タロットが未来を知りたい時に長けているのだとしたら、ルーンは自分自身を知るのに長けているのです。

 

自分にとって何が問題なのか、わかるようでわからない事が多いです。わかったとしても、どう改善していけばわからない事もあります。逆に、自分に自信が無い人もいます。「卑屈」という言葉があります。卑屈になりすぎると、本当にそうなってしまいます。

 

そして、人にもあまり良い印象を与えません。本当のあなたの良さがわかっていれば、あなたはもっと自分を愛せるようになると思いませんか?この占い方法は、ルーン文字に意味があります。

 

そのため、タロットカードのようにアイテムを持っている必要はありません。例えば、カードや水晶の物もあります。他にも、石や木を使う場合もありますね。自分で紙に文字を書いて使っても良いのです。

 

ルーンの意味は、タロットと似ています。もちろん、全く同じという事ではありません。

 

しかし、タロットを理解している方であればより理解しやすいと言われています。例えば、フェイフューの意味は成就で、タロットにおける世界に対応しています。このように、大体のイメージがつかみやすいのです。

 

最初は文字自体が覚えられない為、理解が難しいのですがタロットと同じ感覚で覚えていくとわかりやすいですね。ちなみに、電話占いに在籍している先生の中にも、この両方の占術が使えるという方はかなり多いですよ。

 

この占いを利用する場合は、未来は知りたくない、もしくは鑑定しているというケースが多いです。しかし、未来を占った際、自分には何が欠けているのか、求められている判断は何なのかを一緒に教えてくれるのです。

 

そのため、前向きに未来に向けて障害となるものや、その対策を判断したいという方にお勧めですね。ちなみに、ルーン文字にはそれだけでパワーがあると考えられています。

 

これは、先生によっても見解が違いますが、今の自分にとってお勧めの文字は何なのかを教えてくれる事があります。そして、それを紙に書いて持ち歩いたり、携帯の待ち受け画面にしているという方もいますね。

 

神秘的な文字とされていますが、そこまで目立つデザインでは無いのでファッションや雑貨のデザインとして採用されている事もあるくらいです。しかし、これに関しては鑑定をお願いした電話占いの先生に聞いてみるのが一番無難ですね。前向きになりたい時の、良いお守りになりますように。

何か悩みがある時、私達の魂や心は傷付いている事が多いです。例えば、大好きだった彼と別れてしまった時。自分にとって大切なものが無くなってしまった寂しさと、追いかけたい執着の気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

そこで、誰かに話を聞いてもらいたいと思うのは当然の事です。そこで、カウンセリングという言葉が頭をよぎります。しかし、こんな事で悩みを相談しても良いのか、となかなか進めない事が多いですよね。

 

そんな時には、電話占いのカウンセリングを利用してみませんか?

 

電話占いにおけるカウンセリングには2種類があります。

 

まず、1つ目は通常のもの。例えば、西洋占星術を専門としている先生の中には心理学について学んでいる先生もいます。鑑定をしつつ、一緒に状況を考えていってくれます。

 

2つ目は、スピリチュアルカウンセリングです。これは、一言で言えば魂と魂の繋がりです。これが出来る先生は、直接傷ついた魂に触れてくれます。そこで、今相談者がどんな言葉を求めているのか、どんな行動が必要なのかを魂から読み取ってくれるのです。これは、相手の気持ちを知る事もできます。

 

占い師の先生が、直接相手の魂に触れて、答えを出してくれるのです。全くその手段が違うのが面白いですね。日本では、現在占いは癒しの手段の1つになっています。落ち込んでしまった時に、未来が良い結果になっているのを知ってやる気を出す方も多いです。

 

また、エンジェルカードの優しいメッセージに心癒されたという方もたくさんいらっしゃいますね。勿論、どんな事でも言ってほしい、という方もいます。しかし、占いを利用する方は、心が辛い、苦しいという現状に置かれている方が殆どです。

 

そのため、相談者の方の心を少しでも癒せるようにとカウンセリングについて学ぶ先生も多いのです。実際、電話占いのサイトを見てみるとよくわかります。多くの先生がヒーリングを取り入れたりと、癒しを重視しているのです。

 

また、占いの先生だからこそ打ち明けられる悩みというのもありますよね。そこで癒しを求めるというのは当然の事です。本当に心が傷ついてしまっている時は、誰かにすがる事でもっと状況が悪くなってしまうのではないかと余計に悩んでしまう方もいます。

 

しかし、それはすがるという事ではありません。あくまで、前向きになれる為のヒントを貰うのだと考えてみて下さい。幸せになる為のヒントは、私達が普段生活している様々な場所や事例にあります。しかし、それを掴み取れるかどうかはその人にしかわかりません。だからこそ、ヒントを貰うような感覚で気軽に利用すると良いでしょう。

通常、ダウンジングというと棒や針金のような、振り子になる物を手に持って、何かを探すという一種の超能力としての認識が強いですね。何度かテレビの特集にも登場しています。

 

また、過去には人気のある漫画に取り入れられた事もありました。そのため、非常に認知度は高いです。では、電話占いでダウンジングをどう使うのか?この場合は、ペンデュラムと呼ばれる振り子を使って行います。

 

ちなみに、このペンデュラムですが、現在は様々な種類の物が出ています。そのため、観賞用として集める方もいらっしゃいますね。先生によっては、オーダーメイドで自分だけの物を持っている方も多いです。

 

では、実際にその方法を見ていきましょう。といっても簡単、シンプルな方法ではYESとNOだけが書かれた紙を置き、その中心となる部分の上でペンデュラムを持ち、心の中で質問するというもの。本当にこれだけなのです。

 

そのため、占いに興味を持った方が自分にも出来る!と始める方も多いですね。しかし、最初に挫折してしまう方もいます。うまく動いてくれなかったり、自分の望む方向にばかり揺れてしまう事もあります。

 

やはり、その時の心理状況によって大きく左右されてしまいやすいのです。そのため、電話占いをうまく利用したいところです。ちなみに、先生によっては答えを導き出す時間も違います。

 

しかし、活躍されている先生であれば、早く答えを出してくれるのが嬉しいところ。

 

つまり、何度も繰り返して質問が出来るという事です。「今、彼には好きな人がいる?」「私みたいな女の子はちょっと苦手?」「距離を置いていた方が復縁に繋がる?」色々質問をすると、例えば占術によっては質問ごとに時間がかかってしまう場合があります。

 

しかし、早く答えを導き出せる先生であれば、何度も質問する事が可能なのです。つまり、色々知りたい事が多いという方にぴったりの占術ですね。ちなみに、電話占いに在籍している占い師の先生の中には、他の占術をメインにしているが、ペンデュラム・ダウンジングが出来るという先生は結構います。

 

もし、選んだ先生がそうであれば、全体的な占いを他の占術で行なってもらい、細かな質問をダウンジングでお願いするという方法もあるのです。勿論、YESとNOだけではありません。

 

例えば、二人の男性で悩んでいて、どっちの男性を選べば良いのかという恋の悩みにも対応してくれます。それだけに、取り入れる先生も多いのです。是非、一度試してみて下さい。

私達が普段何気なく見ている夢ですが、そこには驚きのメッセージが隠れている事もあります。なんだか気になる夢を見た事はありませんか?もしかしたら、そこには何かの意図があるのかもしれません。

 

現在、有名になっているのはジークムント・フロイトの「夢診断」で、現在も解釈の為に使用されています。しかし、フロイト自身の個人的な解釈だという意見もあります。

 

ちなみに、カール・ユングは元々フロイトの同士だったのですが、後に袂を分かつ事になり、違った解釈を始めました。元々は、占いというよりは分析に近い感じで活用されていましたね。

 

ちなみに、日本で言うと一富士二鷹三なすびが有名です。他にも、白い蛇が夢に出てくると金運が上がる、ですとか日本で独自に考えられた吉夢のシンボル解釈もあるので面白いです。

 

しかし、その時の心理状態や環境が反映されている事もあります。今はたくさんのシンボルをインターネットで調べる事が出来ますが、その解釈は非常に難しいのです。

 

例えば、トイレに行く夢を見て、用を足そうとしたところで驚いて起きる事もあります。これは、何かのメッセージというよりは現在の環境が大きく影響している事になります。また、人によって違う解釈をしなければならない事もあります。

 

例えば、前述の一富士二鷹三なすびです。しかし、これが出てくると不幸な事が起こりやすい、という方もいるのです。個々によってシンボルの解釈が異なりますので、実は素人には非常に判断が難しいのです。

 

電話占いで夢占いを希望する場合は、現在悩みを抱えていて、その夢ではないかと心配している場合。他にも、強烈に印象に残るような夢で、何かのメッセージではないかと気になっている場合です。

 

そのため、他の占術と合わせて鑑定して頂く事が多いですね。人気のある大手の電話占いサイトでは、複数の占術で鑑定出来る事が占い師として登録する為の必須条件になっている所もあります。

 

これは、複合的に考えて答えを出せるからです。つまり、より正解に近い答えを導き出す為にそうしているという事です。例えば、とっても怖い夢を見たという場合。これは、夢占いの観点で見ると、凶夢です。

 

しかし、実際には幸運な状態にあるにも関わらず、不安が強い為その心理状態が夢に現れてしまっているというケースもあるのです。この場合、夢診断だけではやや解釈が難しいのです。

 

そこで、他の占術と組み合わせて鑑定される先生が多いのですね。電話占いを利用する際には、時間が決まっていますので他にも何か気になる夢は見ていないか、普段はどんな夢を見ているのか、夢は覚えている方か、しっかり箇条書きにして書きだしておきましょう。

日本がまだ縄文時代を迎えていた頃、既に中国では易経が誕生したと言われています。それほどの古い時代に、既に誕生していたと考えると頭が下がりますね。ちなみに、日本では占いとしての認識が強いです。

 

しかし、本場の中国ではこれは学問として考えられています。

 

「易経学」と呼ばれていて、統計学の一種だと認識されているのです。中国は、長く古い歴史を持った国です。その国の中で起こった膨大な数の生活事例をまとめて、整理したものがこの方法なのです。

 

ちなみに、中国ではお年寄りだけではなくて若い方が学ぶ事も多いそうですよ。また、日本でも徳川家康の時代には風水を利用して政治を行なっていたという考えがあります。つまり、九星気学ですね。

 

この動きは、当時の中国にもありました。わかりやすく説明すれば、三国志の時代です。この時代は、魏・呉・蜀の三国が覇権を争っていました。そして、どの国も勝利を掴む為に、風水師を身近に置いていたという説があります。

 

最近はゲームの題材に取り上げられる事も多いのでご存知の方も多い諸葛亮孔明という人物がいます。彼は蜀の参謀であり、巧妙な罠を取り入れたり、大地の声を聞いて天候を判断していたと言われています。

 

そんな彼もまた、易経を使用していたと言われる人物の一人です。しかし、この時代は占術師が命がけで使っていました。重要な問題の選択を迫られる事も多かったのです。では、実際にどのように鑑定していくのでしょうか。

 

まず、筮竹(ぜいちく)・算木(さんぎ)・筮筒(ぜいとう)・掛助器(けろくき)という道具が正式な方式を利用する場合は必要になります。そして、タロットカードにそれぞれスプレッドがあるように、易経でもまた複数の方法があります。

 

ちなみに、易経では形式的な事を守るよりも、鑑定する人間が真摯な態度なのかどうか、そして答えをしっかり解釈出来るかどうかが重要なのです。そのため、電話占いに登録している占い師の先生の中には、自分の使いやすい他の道具を使って易を行う場合もあります。

 

対面鑑定となると4つの道具を使う方が多いのですが、電話占いの場合は相手の顔が見えませんので、慣れた道具を使っているという方が多いのです。ちなみに、サイコロやコインを使う方法もわりとポピュラーです。他にも、どんな事でも判断が可能だと言われています。

 

実際に、中国人の中には目の前を通る男女の別で易を行う方もいるのです。そのくらい身近な鑑定方法という事ですね。しかし、的中率が低いという事ではありませんよ。実際に、びっくりする程当たっていたという感想を伝える方も多いのです。

数秘術は、数秘学とも呼ばれています。この始まりは、実はあのピタゴラスの定理でおなじみのピタゴラスと言われています。しかし、その数千年前から数秘術が存在していた事の証拠が出ています。

 

既にエジプトやローマ、中国やギリシャで使用されていたのです。といっても、身近なものではなくてごく一部の限られた人間だけに伝えられていた事がわかっています。そう考えると、非常に歴史のある占術だという事がよくわかります。

 

ちなみに、ピタゴラスの後はプラトンがその思想を引き継ぎました。

 

その時点ではまだ数学的な要素が強かったのですが、その後は西洋占星術やタロットの影響を受けました。また、ユダヤ教におけるカバラの書物によってもまた影響を受け、補強されたという歴史があります。

 

現在、日本では他の占術に比べるとそこまでポピュラーでは無いのですが、海外では認知度が高いです。では、この数秘術での鑑定方法をご紹介します。

 

これは、生年月日を一桁になるまで全ての数字を足していくというもの。名前こそ知らないものの、この方法は知っているという方は多いですよね。ちなみに、姓名を数字に置き換えて計算する事もあります。

 

日本人の場合ですと、一度ローマ字にしてからそれを数字に置き換えて計算していく形になります。また、この占術においてもそれぞれの流派によって方法が若干異なる場合があります。学問の一種として、今も研究が進んでいます。

 

ちなみに、電話占いの場合はこの占術を単体で利用している方は珍しいです。基本的に、他の占術を組み合わせている方が多いですね。私の知っている先生では、タロットカードを組み合わせている方が多いです。

 

数秘術はタロットカードの影響を受けていますので当然の結果とも考えられますね。また、電話占いではタロットカードの鑑定が非常に人気があります。その中で、公表はしていなくても数の意味を大事にされている先生は多いです。

 

例えば、小アルカナはワンド・カップ・ソード・ペンタクルから成り立っていますが、そこには数字が付いているのです。例えばソードの7、というカードがあります。そこで、カードに長年触れている先生はその数字の大切さもしっかりご理解されていらっしゃるのです。

 

電話占いの場合、あまり日の目をみない印象のある数秘術ですが、実は色々な影響を受けたり、与えている占術だという事が良くわかります。特に、数学が好きな方に受け入れられているそうですよ。自分の人生のテーマが知りたい、という方にお勧めの占術です。

改名した事で一気に人生が変わった、という方がいます。これは、実際にあった事です。一番身近な例だと、赤ちゃんの名づけですね。赤ちゃんの名前に関しての本というのは、非常に多く出版されています。

 

近年ではキラキラネームという変わった名前を掲載している本もありますが、その多くは姓名判断に基づいたものです。まずは、字画についてですね。例えば、「山田一郎」という名前の方であれば、山・田・一・郎それぞれの感じの画数を出します。

 

そこから、天格・人格・地格・外格・総各の数を出します。

 

そして、これを元に判断していくという事ですね。仕組みさえわかってしまえば後は簡単。この数字が吉数であるかどうかで判断する事も出来ます。しかし、姓名判断は実はもっと奥深いものなのです。

 

ちなみに、占いには様々な占術があります。更に、その中でも流派というのが存在します。そのため、その流派によって考え方が違う場合があるのです。おまけに、画数の数え方も流派によって異なる場合があります。他にも独自の計算式を用いている事もありますね

 

。他の占いと合わせて考える場合もあったりと、本当にその宗派によって考え方が違うのです。もちろん、画数だけが全てではありません。中には、本当に突拍子も無いような名前を付ける親御さんも存在しています。

 

そんな中、画数が悪い事と、変わった名前とどちらの方がまだ幸せかを考えると判断は難しいですよね。しかし、改名した事で開運する方もいますので、非常に難しいです。そこで、他の占術と合わせる事をお勧め致します。

 

例えば、電話占いで利用出来る占術というのは本当に豊富です。そこで、不安だという場合にはこれが良い決定なのかどうか、例えばタロットカードのワンオラクルやyes/no形式で占って頂く事も出来ます。

 

しかし、あくまで自分の好みもあります。名前は一生背負っていく大切なものです。だからこそ、自分の気持ちも大切にしてみて下さいね。ちなみに、成人してから姓名判断を利用する方もいます。

 

他にも、ペンネームや屋号を視てもらいたいという方もいます。その場合も、悩んだら他の占術と合わせて考える事をお勧めします。また、いくつか候補があれば、その中でどれが良いのかを霊視で判断して頂いたり、タロットカードで導いて頂く事も出来ますね。

 

電話占いに在籍している先生の中には、ラッキーなb窿Cニシャルを導いてくれる方もいます。数字の場合はギャンブルに関わってきますので受け入れてもらえない事もあるのですが、こういう手段を取る方もいます。

風水とは環境学の一種です。そのため、占いというよりも開運の方法としての方が認知されている事が多いですね。例えば、西に黄色です。これは、有名な男性風水家の方によって一気に世に知られる事になりました。

 

実際に、何度も宝くじを当てている方は常に西に黄色い花を置いているそうです。そもそも、風水の発祥は古代中国の漢の時代です。当時、漢は黄河が反乱してしまったり、激しい気候によって、たくさんの死傷者が出ている状況でした。

 

そんな中、いかに快適に過ごすかをデータを集めました。長年それが続き、データが集まった事によって風水が確立されたのだと言われています。そのため、特に家に関する話が多いです。インテリアに風水を取り入れている方も多いですよね。

 

元々、最悪な状況から抜け出す為に考えられたものです。つまり、運命を切り開いていきたいという方にお勧めですね。例えば、どんな状況でも自分の努力によって運命が変わる事があります。

 

四柱推命にもこれはありますが、定められた運命だけではなく、努力によって変えられる運命もあるという事なのです。また、結果が同じだったとしてもそこに至るまでの道程も違いますよね。

 

激しい不運の中を乗り越えてやっと手に入れた幸運と、ちょっとの心がけで手に入れた幸運が全く同じではなんだか不公平な感じもします。その道程すらも変えていく事が可能になります。

 

では、風水を占いに活用するというのはどういう方法なのでしょうか?基本的に、電話占いの場合は風水のアドバイスを行なってくれる先生が多いです。例えば、自分の部屋の状態まで全て霊視される先生もいますね。

 

この時に、風水で開運出来るようにアドバイスを頂く事があります。つまり、他の占術を行う先生によってアドバイスをもらう、という事が多いのです。他にも、電話占いの場合は自分のラッキーカラーや吉凶方位を鑑定して頂く事が出来ます。

 

ラッキーカラーは身に着けているだけで幸運を呼んでくれます。

 

また、重要なのは吉凶方位ですね。例えば、旅行を考えている際。どうせ行くなら、幸運になれるように吉方位を選びましょう。また、休日にふらりと出かける際にも吉方位を選ぶことによって、段々と幸運体質になる事が出来ます。

 

これが、逆の凶方位の場合は、もちろん逆の結果になってしまいます。これを知っていれば、もっとうまく開運する事が出来るのです。ただ単純に幸せになりたい!というだけではなくて、何か悩みや願いがある方も、ご自分の吉凶方位を知っておく事は大切ですよ。

四柱推命は、太古の中国で生まれました。これは、運命学の1つ。ちなみに、運命学は過去、現在、未来を見ますね。その中でも、陰陽五行説を元にして、その人を理解します。

 

また、自分の努力によって未来が変わる事もあります。しかし、それまでも見抜く事が出来るのです。生まれた日によって運命は決まるものの、それを努力で突破出来る運命もまた存在するということですね。

 

まず、自分の性格はどうなのか。当たっている!で終わってしまってはもったいないです。

 

せっかく、自分の欠点となる点もわかるのですから、そこでそれを改善していく努力が求められます。電話占いでも、自分自身の性格や運を判断してほしいという方は多いです。しかし、向上心というのはどんな時も必要ですよね。

 

同じ時間に生まれた人でも、どう人生が進んでいくのかはその人によって違います。それは、努力や経験の差も関係しているのです。エネルギッシュに進んでいきたい、自分の運命を受け入れて、尚且つ幸福な運命を勝ち取りたい、という方にお勧めの占術ですね。ちなみに、四柱推命は私達が思っている以上に複雑な占術です。

 

占星術の一種で、その中でも、東洋占星術の一種です。そのため、蔵干や通変星といった難しいキーワードがたくさん出てきます。しかし、それらが組み合わされる事によって問題が明らかになっていくのです。

 

実際、電話占いを利用する場合というのはこの仕組の説明は基本的にありません。というよりも、複雑すぎて本当に細かな所までは説明出来ないのです。それだけ複雑かつ膨大な要素の中から答えを導き出してくれますよ。

 

ちなみに、四柱推命は占いの帝王と言われる事もあります。それもまた納得ですね。しかし、人によってはもちろん好き嫌いもあります。実際、若い女性の場合はタロットカードやオラクルカードを選ぶ方が多いですね。

 

電話占いにおいてはやや不利なイメージもあります。しかし、現実的に活躍している占い師の先生の中には、この四柱推命をメインに使っている先生も多いです。

 

そのため、あまりわからないから、という事で避けてしまうのは勿体無いですね。実際、かなりレベルの高い先生が在籍している場合も多いです。

 

本当の事を知るよりも癒しを求めている、という方にはあまり向かないのですが、自分の運命を変えたい、勝ち取りたいというパワーに溢れている時に利用すると良いでしょう。変える事の出来る運命も確かに存在しているという事を、四柱推命は教えてくれます。

九星気学、そう言われてもいまいちピンと来ない方も多いですね。では、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星ではどうでしょうか?

 

これならわかるという方も多いですよね。これこそが、九星なのです。

 

この九星と干支、そして五行を組み合わせたのが九星気学という占術なのです。元々は九星術という方法でしたが、明治42年に園田真次郎という方が気学(風水)をまとめました。そこで、合わせて九星気学と呼ばれるようになったそうです。

 

あの有名な作家の故池波正太郎先生も晩年に好んでいた占術です。他にも、歴史的にも有名なエピソードがあります。確定している訳ではないのですが、江戸時代の幕府は気学を用いていたと言われていますね。

 

幕府は江戸に引っ越してきたわけなのですが、これも徳川家康による安易な考えだったという事ではなく、気学による答えだというのが非常に濃厚な説です。ちなみに、これは統計学の一種です。

 

私達が生まれた時にあった気の配置が、運を決定するというのが前提です。そしてその中でも分類していくことによって分析を可能としました。では、電話占いでは何を占う事が出来るのか。

 

まず、性格です。自分だけではなく、他の方の性格を判断する事も出来ます。どのような価値観を持っているのかというのは、表面だけを見ていてはわからない事ですよね。自分が何に向いているのかを考える際にも最適です。

 

もちろん、性格だけではなくて潜在的な能力を判断する事も可能です。ややかたいイメージがあるのですが、恋愛においてもこれは便利ですよね。本質的な相性を占う事も可能ですので、恋のお相手を占うだけではなく、仕事相手を視て頂く事も可能です。

 

更に、九星気学にはバイオリズムという考えがあります。なんだか調子が悪かったりする時というのがあります。そんな時、無理に動いてしまうと失敗してしまう事があります。

 

そこで、自分のバイオリズムを知っておく事でうまく立ちまわる事が出来るのです。また、方位を占う際にも最適です。例えば、旅行や引越しといったイベントですね。特に、引っ越してから運気が変わったと感じる方は多いです。

 

そのくらい、私達に与える影響は強いのです。もし、どうしても悪い方角が避けられない場合には他に対応策を用意しておいたりと、自己防衛の為に使う事も出来ますね。ちなみに、自分の今の気持ちが反映されてしまうような占術ではありません。そのため、電話占いを利用する際は迷っていて精神的に落ち着きが無い場合も利用出来ます。

占星術は、一種の学問だという考えもあります。実際に、科学と同様に考えられてきた時代もありますが、近現代においては考え方が変わっています。では、どんな占術なのでしょうか?

 

これは、太陽系内の天体の位置や動きが重要になってきます。動きを人間や社会におけるあり方と経験的に結びつける事によって占っていく方法です。ちなみに、発症は古代バビロニアと言われていますね。

 

また、占星術にもいくつか種類があります。その中でも、大きく分けると西洋占星術・インド占星術・東洋占星術になります。ちなみに、ホロスコープという単語を耳にした事のある方も多いかと思います。

 

これは、占星術において個人を占う為の物。角度・十二室・黄道十二宮・惑星の4つの要素を含んだ天体の配置図です。基本的に電話占いの場合は見る事は出来ないのですが、覚えておいて損は無いですよ。

 

また、占星術を使用する占い師の先生の中には、心理学を学んでいる方もいます。電話占いでも、近年では心理カウンセリングを目的として利用する方が増えて来たくらいです。これは、カール・ユングを始めとする心理学者の影響もあります。

 

彼は、シンクロシニティや意味のある偶然の一致といった考えを持っていました。そこで援用しようとする方が多かったのです。その流れは今もあります。有名な占い師の先生の中には、心理学を学ばれている方も多いのです。

 

学問として取り組んでいる方も多いのですね。そのため、こちらの痛みを理解して優しく問いかけてくれるようなタイプの先生が多いです。電話占いを利用する場合、やはり先生の声のトーンというのは重要です。

 

低い声で淡々と語られると少し怖さを感じてしまったり、緊張してしまう事もあるのです。そんな中、気持ちを理解して下さる先生というのは有難い存在ですね。

 

ちなみに、身近な存在ですと雑誌に掲載されている十二星座の占いも西洋占星術です。雑誌だけではなく、テレビでやっている事も多いですね。朝はこれを見てから出かける、という方も多いです。

 

通常であれば、この12星座での占いで終わりです。しかし、これはあくまで太陽との関わり。実際の方法では太陽だけではなく、他の天体を始め、自分の生まれた日や惑星同士の角度まで実に多くの情報が左右する事になるのです。

 

そのため、実は非常に細かい占術なのです。そして、今現在もどんどん研究が進められています。年々進化していっている占術だと言っても良いでしょう。自分と天体達との関わりを冷静に見て、運勢や自身を判断したいという方にお勧めの占術です。

オラクルカードのオラクルというのは、神託の意味です。そして、カードが提示してくれるメッセージというのは、非常に愛に包まれたものです。例えば、せっかく前に進もうとしているのに否定のカードが出てしまうと、非常にショックですよね。

 

結果が悪い事になるから他の方を努力しなさい、という事であれば理解出来ます。しかし、努力は続かないわよ!なんて出たらせっかくのやる気が削がれてしまう事もあります。

 

特に、メンタル面が弱いと感じている方の場合、占いの結果を受けて落ち込んでしまうという方もいるのです。しかし、オラクルカードにはそんな事はありません。どんな結果でも、ちゃんと前向きになれるような優しいメッセージなのです。

 

これこそが、このカードの最大の特徴なんですよね。例えば、失恋して心が傷ついている時。今は、まだ辛い現実を受け入れられないという時。優しいメッセージによって心を取り戻した方がたくさんいます。

 

つまり、前向きになりたい時にぴったりの占術だという事ですね。実際に、電話占いの登録している占い師の先生の中でも、ヒーリング系を得意とする癒しのオーラのある方が行う方が多いです。

 

また、タロットや他の占術で悪い結果が出てしまう事もあります。そんな時に、相談者の方が心の輝きを失わないように、前を向いて歩いていけるようにとこのカードを引いてくれる先生もいますね。

 

電話占いというのは対面での占いではなく、あくまで電話で行うものです。

 

しかし、もちろんそこにはご縁もあります。そんなご縁を優しくあたためてくれる存在でもあります。有名なのはドリーン・バーチュー博士によって開発されたエンジェルカードですね。こちらのカードもオラクルカードの一種です。

 

ちなみに、現在はかなり多くの種類が出ています。中には恋愛に特化した物もありますよ。

 

また、人生の目的について神託を頂く事も出来ます。基本的には、電話占いの場合は癒しやアドバイスの仕上げとして用いられる事が多いのですが、自分用に持っているという方もいらっしゃいます。悩んだ時にメッセージを頂いたり、毎日カードを引いて今日のやる気をもらっている、という方もいますね。

 

日本には古来よりおみくじがあります。そんな感覚に近いものがありますね。誰でも簡単に使う事が出来ますので、ご自分で行う方も多いです。また、中には占い師の先生には別の占術で鑑定して頂き、その後に自分で引く為のカードを用意しているという方も多いです。是非、癒しのメッセージに触れてみて下さい。