カウンセリングについての知識

何か悩みがある時、私達の魂や心は傷付いている事が多いです。例えば、大好きだった彼と別れてしまった時。自分にとって大切なものが無くなってしまった寂しさと、追いかけたい執着の気持ちでいっぱいになってしまいます。

 

そこで、誰かに話を聞いてもらいたいと思うのは当然の事です。そこで、カウンセリングという言葉が頭をよぎります。しかし、こんな事で悩みを相談しても良いのか、となかなか進めない事が多いですよね。

 

そんな時には、電話占いのカウンセリングを利用してみませんか?

 

電話占いにおけるカウンセリングには2種類があります。

 

まず、1つ目は通常のもの。例えば、西洋占星術を専門としている先生の中には心理学について学んでいる先生もいます。鑑定をしつつ、一緒に状況を考えていってくれます。

 

2つ目は、スピリチュアルカウンセリングです。これは、一言で言えば魂と魂の繋がりです。これが出来る先生は、直接傷ついた魂に触れてくれます。そこで、今相談者がどんな言葉を求めているのか、どんな行動が必要なのかを魂から読み取ってくれるのです。これは、相手の気持ちを知る事もできます。

 

占い師の先生が、直接相手の魂に触れて、答えを出してくれるのです。全くその手段が違うのが面白いですね。日本では、現在占いは癒しの手段の1つになっています。落ち込んでしまった時に、未来が良い結果になっているのを知ってやる気を出す方も多いです。

 

また、エンジェルカードの優しいメッセージに心癒されたという方もたくさんいらっしゃいますね。勿論、どんな事でも言ってほしい、という方もいます。しかし、占いを利用する方は、心が辛い、苦しいという現状に置かれている方が殆どです。

 

そのため、相談者の方の心を少しでも癒せるようにとカウンセリングについて学ぶ先生も多いのです。実際、電話占いのサイトを見てみるとよくわかります。多くの先生がヒーリングを取り入れたりと、癒しを重視しているのです。

 

また、占いの先生だからこそ打ち明けられる悩みというのもありますよね。そこで癒しを求めるというのは当然の事です。本当に心が傷ついてしまっている時は、誰かにすがる事でもっと状況が悪くなってしまうのではないかと余計に悩んでしまう方もいます。

 

しかし、それはすがるという事ではありません。あくまで、前向きになれる為のヒントを貰うのだと考えてみて下さい。幸せになる為のヒントは、私達が普段生活している様々な場所や事例にあります。しかし、それを掴み取れるかどうかはその人にしかわかりません。だからこそ、ヒントを貰うような感覚で気軽に利用すると良いでしょう。