ダウンジングについての知識

通常、ダウンジングというと棒や針金のような、振り子になる物を手に持って、何かを探すという一種の超能力としての認識が強いですね。何度かテレビの特集にも登場しています。

 

また、過去には人気のある漫画に取り入れられた事もありました。そのため、非常に認知度は高いです。では、電話占いでダウンジングをどう使うのか?この場合は、ペンデュラムと呼ばれる振り子を使って行います。

 

ちなみに、このペンデュラムですが、現在は様々な種類の物が出ています。そのため、観賞用として集める方もいらっしゃいますね。先生によっては、オーダーメイドで自分だけの物を持っている方も多いです。

 

では、実際にその方法を見ていきましょう。といっても簡単、シンプルな方法ではYESとNOだけが書かれた紙を置き、その中心となる部分の上でペンデュラムを持ち、心の中で質問するというもの。本当にこれだけなのです。

 

そのため、占いに興味を持った方が自分にも出来る!と始める方も多いですね。しかし、最初に挫折してしまう方もいます。うまく動いてくれなかったり、自分の望む方向にばかり揺れてしまう事もあります。

 

やはり、その時の心理状況によって大きく左右されてしまいやすいのです。そのため、電話占いをうまく利用したいところです。ちなみに、先生によっては答えを導き出す時間も違います。

 

しかし、活躍されている先生であれば、早く答えを出してくれるのが嬉しいところ。

 

つまり、何度も繰り返して質問が出来るという事です。「今、彼には好きな人がいる?」「私みたいな女の子はちょっと苦手?」「距離を置いていた方が復縁に繋がる?」色々質問をすると、例えば占術によっては質問ごとに時間がかかってしまう場合があります。

 

しかし、早く答えを導き出せる先生であれば、何度も質問する事が可能なのです。つまり、色々知りたい事が多いという方にぴったりの占術ですね。ちなみに、電話占いに在籍している占い師の先生の中には、他の占術をメインにしているが、ペンデュラム・ダウンジングが出来るという先生は結構います。

 

もし、選んだ先生がそうであれば、全体的な占いを他の占術で行なってもらい、細かな質問をダウンジングでお願いするという方法もあるのです。勿論、YESとNOだけではありません。

 

例えば、二人の男性で悩んでいて、どっちの男性を選べば良いのかという恋の悩みにも対応してくれます。それだけに、取り入れる先生も多いのです。是非、一度試してみて下さい。