風水についての知識

風水とは環境学の一種です。そのため、占いというよりも開運の方法としての方が認知されている事が多いですね。例えば、西に黄色です。これは、有名な男性風水家の方によって一気に世に知られる事になりました。

 

実際に、何度も宝くじを当てている方は常に西に黄色い花を置いているそうです。そもそも、風水の発祥は古代中国の漢の時代です。当時、漢は黄河が反乱してしまったり、激しい気候によって、たくさんの死傷者が出ている状況でした。

 

そんな中、いかに快適に過ごすかをデータを集めました。長年それが続き、データが集まった事によって風水が確立されたのだと言われています。そのため、特に家に関する話が多いです。インテリアに風水を取り入れている方も多いですよね。

 

元々、最悪な状況から抜け出す為に考えられたものです。つまり、運命を切り開いていきたいという方にお勧めですね。例えば、どんな状況でも自分の努力によって運命が変わる事があります。

 

四柱推命にもこれはありますが、定められた運命だけではなく、努力によって変えられる運命もあるという事なのです。また、結果が同じだったとしてもそこに至るまでの道程も違いますよね。

 

激しい不運の中を乗り越えてやっと手に入れた幸運と、ちょっとの心がけで手に入れた幸運が全く同じではなんだか不公平な感じもします。その道程すらも変えていく事が可能になります。

 

では、風水を占いに活用するというのはどういう方法なのでしょうか?基本的に、電話占いの場合は風水のアドバイスを行なってくれる先生が多いです。例えば、自分の部屋の状態まで全て霊視される先生もいますね。

 

この時に、風水で開運出来るようにアドバイスを頂く事があります。つまり、他の占術を行う先生によってアドバイスをもらう、という事が多いのです。他にも、電話占いの場合は自分のラッキーカラーや吉凶方位を鑑定して頂く事が出来ます。

 

ラッキーカラーは身に着けているだけで幸運を呼んでくれます。

 

また、重要なのは吉凶方位ですね。例えば、旅行を考えている際。どうせ行くなら、幸運になれるように吉方位を選びましょう。また、休日にふらりと出かける際にも吉方位を選ぶことによって、段々と幸運体質になる事が出来ます。

 

これが、逆の凶方位の場合は、もちろん逆の結果になってしまいます。これを知っていれば、もっとうまく開運する事が出来るのです。ただ単純に幸せになりたい!というだけではなくて、何か悩みや願いがある方も、ご自分の吉凶方位を知っておく事は大切ですよ。