九星気学についての知識

九星気学、そう言われてもいまいちピンと来ない方も多いですね。では、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星ではどうでしょうか?

 

これならわかるという方も多いですよね。これこそが、九星なのです。

 

この九星と干支、そして五行を組み合わせたのが九星気学という占術なのです。元々は九星術という方法でしたが、明治42年に園田真次郎という方が気学(風水)をまとめました。そこで、合わせて九星気学と呼ばれるようになったそうです。

 

あの有名な作家の故池波正太郎先生も晩年に好んでいた占術です。他にも、歴史的にも有名なエピソードがあります。確定している訳ではないのですが、江戸時代の幕府は気学を用いていたと言われていますね。

 

幕府は江戸に引っ越してきたわけなのですが、これも徳川家康による安易な考えだったという事ではなく、気学による答えだというのが非常に濃厚な説です。ちなみに、これは統計学の一種です。

 

私達が生まれた時にあった気の配置が、運を決定するというのが前提です。そしてその中でも分類していくことによって分析を可能としました。では、電話占いでは何を占う事が出来るのか。

 

まず、性格です。自分だけではなく、他の方の性格を判断する事も出来ます。どのような価値観を持っているのかというのは、表面だけを見ていてはわからない事ですよね。自分が何に向いているのかを考える際にも最適です。

 

もちろん、性格だけではなくて潜在的な能力を判断する事も可能です。ややかたいイメージがあるのですが、恋愛においてもこれは便利ですよね。本質的な相性を占う事も可能ですので、恋のお相手を占うだけではなく、仕事相手を視て頂く事も可能です。

 

更に、九星気学にはバイオリズムという考えがあります。なんだか調子が悪かったりする時というのがあります。そんな時、無理に動いてしまうと失敗してしまう事があります。

 

そこで、自分のバイオリズムを知っておく事でうまく立ちまわる事が出来るのです。また、方位を占う際にも最適です。例えば、旅行や引越しといったイベントですね。特に、引っ越してから運気が変わったと感じる方は多いです。

 

そのくらい、私達に与える影響は強いのです。もし、どうしても悪い方角が避けられない場合には他に対応策を用意しておいたりと、自己防衛の為に使う事も出来ますね。ちなみに、自分の今の気持ちが反映されてしまうような占術ではありません。そのため、電話占いを利用する際は迷っていて精神的に落ち着きが無い場合も利用出来ます。