占星術についての知識

占星術は、一種の学問だという考えもあります。実際に、科学と同様に考えられてきた時代もありますが、近現代においては考え方が変わっています。では、どんな占術なのでしょうか?

 

これは、太陽系内の天体の位置や動きが重要になってきます。動きを人間や社会におけるあり方と経験的に結びつける事によって占っていく方法です。ちなみに、発症は古代バビロニアと言われていますね。

 

また、占星術にもいくつか種類があります。その中でも、大きく分けると西洋占星術・インド占星術・東洋占星術になります。ちなみに、ホロスコープという単語を耳にした事のある方も多いかと思います。

 

これは、占星術において個人を占う為の物。角度・十二室・黄道十二宮・惑星の4つの要素を含んだ天体の配置図です。基本的に電話占いの場合は見る事は出来ないのですが、覚えておいて損は無いですよ。

 

また、占星術を使用する占い師の先生の中には、心理学を学んでいる方もいます。電話占いでも、近年では心理カウンセリングを目的として利用する方が増えて来たくらいです。これは、カール・ユングを始めとする心理学者の影響もあります。

 

彼は、シンクロシニティや意味のある偶然の一致といった考えを持っていました。そこで援用しようとする方が多かったのです。その流れは今もあります。有名な占い師の先生の中には、心理学を学ばれている方も多いのです。

 

学問として取り組んでいる方も多いのですね。そのため、こちらの痛みを理解して優しく問いかけてくれるようなタイプの先生が多いです。電話占いを利用する場合、やはり先生の声のトーンというのは重要です。

 

低い声で淡々と語られると少し怖さを感じてしまったり、緊張してしまう事もあるのです。そんな中、気持ちを理解して下さる先生というのは有難い存在ですね。

 

ちなみに、身近な存在ですと雑誌に掲載されている十二星座の占いも西洋占星術です。雑誌だけではなく、テレビでやっている事も多いですね。朝はこれを見てから出かける、という方も多いです。

 

通常であれば、この12星座での占いで終わりです。しかし、これはあくまで太陽との関わり。実際の方法では太陽だけではなく、他の天体を始め、自分の生まれた日や惑星同士の角度まで実に多くの情報が左右する事になるのです。

 

そのため、実は非常に細かい占術なのです。そして、今現在もどんどん研究が進められています。年々進化していっている占術だと言っても良いでしょう。自分と天体達との関わりを冷静に見て、運勢や自身を判断したいという方にお勧めの占術です。