数秘学についての知識

数秘術は、数秘学とも呼ばれています。この始まりは、実はあのピタゴラスの定理でおなじみのピタゴラスと言われています。しかし、その数千年前から数秘術が存在していた事の証拠が出ています。

 

既にエジプトやローマ、中国やギリシャで使用されていたのです。といっても、身近なものではなくてごく一部の限られた人間だけに伝えられていた事がわかっています。そう考えると、非常に歴史のある占術だという事がよくわかります。

 

ちなみに、ピタゴラスの後はプラトンがその思想を引き継ぎました。

 

その時点ではまだ数学的な要素が強かったのですが、その後は西洋占星術やタロットの影響を受けました。また、ユダヤ教におけるカバラの書物によってもまた影響を受け、補強されたという歴史があります。

 

現在、日本では他の占術に比べるとそこまでポピュラーでは無いのですが、海外では認知度が高いです。では、この数秘術での鑑定方法をご紹介します。

 

これは、生年月日を一桁になるまで全ての数字を足していくというもの。名前こそ知らないものの、この方法は知っているという方は多いですよね。ちなみに、姓名を数字に置き換えて計算する事もあります。

 

日本人の場合ですと、一度ローマ字にしてからそれを数字に置き換えて計算していく形になります。また、この占術においてもそれぞれの流派によって方法が若干異なる場合があります。学問の一種として、今も研究が進んでいます。

 

ちなみに、電話占いの場合はこの占術を単体で利用している方は珍しいです。基本的に、他の占術を組み合わせている方が多いですね。私の知っている先生では、タロットカードを組み合わせている方が多いです。

 

数秘術はタロットカードの影響を受けていますので当然の結果とも考えられますね。また、電話占いではタロットカードの鑑定が非常に人気があります。その中で、公表はしていなくても数の意味を大事にされている先生は多いです。

 

例えば、小アルカナはワンド・カップ・ソード・ペンタクルから成り立っていますが、そこには数字が付いているのです。例えばソードの7、というカードがあります。そこで、カードに長年触れている先生はその数字の大切さもしっかりご理解されていらっしゃるのです。

 

電話占いの場合、あまり日の目をみない印象のある数秘術ですが、実は色々な影響を受けたり、与えている占術だという事が良くわかります。特に、数学が好きな方に受け入れられているそうですよ。自分の人生のテーマが知りたい、という方にお勧めの占術です。